青森県男女共同参画センターは男女共同参画社会の実現のための多様な活動を展開します

青森県男女共同参画センター

相談専用電話
017-732-1022
情報ライブラリー直通電話
017-732-1024
〒030-0822 青森市中央3丁目17番1号
  • 017-732-1085
  • 017-732-1073

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

 一般的に、夫や恋人、同棲相手、もと夫など、親密な関係にある(あった)男性から女性への暴力を、DV(ドメスティック・バイオレンス)といいます。
 DVの背景には、社会的、経済的、肉体的に強い立場の男性が、弱い立場の女性を力により支配しようとする意識の残存があると言われています。DVは女性の生きる力を弱め、人間としての尊厳を奪う人権侵害であり、決して許されることではありません。
 「暴力はふるうほうが悪い」ことを認識し、身の回りで起きているDVに目を向け、問題解決に取り組んで行くことが必要です。

DVの形態

 女性の意に反して心や身体を傷つける行為はすべて「暴力」と考えられます。
 DVにはさまざまなかたちがあり、それらが複雑に重なり合って女性の心と身体を傷つけます。また暴力が何年にもわたって繰り返される場合もあり、DVを受けている女性は恐怖や無力感にさいなまれ、心身に大きな傷を受けることになります。
さらに、DV被害を受けた女性はもとより、次世代を担う子どもにも影響を及ぼす大きな問題といえます。

身体的暴力

殴る、ける、つねる、物をぶつける、タバコの火を押し付ける、髪を引っ張る、首を絞める、殴るふりをして脅す、など

精神的暴力

怒鳴る、ののしり、脅す、無視する、ばかにする、浮気を疑う、大切なものを壊す、行動を厳しく監視する、「誰のおかげで食べていけるんだ」と言う、など

性的暴力

性行為を強要する、避妊に協力しない、見たくないのにポルノビデオや雑誌を見せる、性的で侮辱的なことを言う、など

経済的暴力

生活費を渡さない、外で働くことを妨害する、お金の使い方を細かくチェックする、など

その他の暴力

子どもに暴力を見せる、子どもに暴力をふるう、女性から子どもを取り上げる、使用人のように使う、家庭内の重要なことを自分ひとりで決める、など

※「Stop DV DVのない社会をめざして 夫や恋人からの暴力に悩んでいませんか?」より抜粋

このページのトップへ